Project

General

Profile

momentum DNS viewer ver3.06.00 リリース

2018年03月27日(日本時間)、momentum DNS viewer ver3.06.00がリリースされました。
Added by komoriya 6 months ago

同梱のPSCLI-Rubyが2.13.0に更新されました。

momentum Probeから情報取得するツールとして同梱しているPSCLI-Rubyが最新の2.13.0に更新されました。
この更新により、同梱のPSCLI-Rubyの絞り込み機能がOR機能に対応しました。
DNS viewerの使用方法はこれまでと変わりません。

設定:

本リリースの変更に際し、DNS viewerの設定に関して、設定書式は変更されていません。
従来の設定はそのまま継続して利用することが可能です。

設定については、 wiki - 設定ファイルwiki - NXDomain通知用設定 を参照ください。

upgrade時に引継ぎができる要素は、次のとおりです。

要素 引継ぎ可能バージョン upgrade時の注意点
設定ファイル(全体用) 1.18.0以降 引継ぎ可能バージョンよりも古いものからのupgradeの場合は、手動で設定内容の移行を実施する必要があります
設定ファイル(NXDomain通知用) 1.17.0以降 引継ぎ可能バージョンよりも古いものからのupgradeの場合は、手動で設定内容の移行を実施する必要があります
データベース(DNS全般用) 1.9.0以降 データベースの構造に変更があった場合は、upgrade時に初期化されます
データベース(DNSレスポンス用) 1.0.0以降 データベースの構造に変更があった場合は、upgrade時に初期化されます
データベース(whitelist情報用) 1.17.0以降 データベースの構造に変更があった場合は、upgrade時に初期化されます
設定の再登録を実施してください
データベース(ユーザ情報用) 1.0.0以降 データベースの構造に変更があった場合は、upgrade時に初期化されます
ユーザの再登録を実施してください

ダウンロード:
DNSviewer-3.06.00-20180327.tgz


Comments